保護犬のことをもっと知って下さい!

マリちゃんは、
NPO法人ラブファイブが母体である
保護犬カフェに保護されていた子です

保護カフェでは、
ブリーダーやペットショップ、保健所などから
保護された保護犬保護猫、飼育放棄された子の
里親を探す活動をしています。

トリミングサロン、動物病院も併設されていて、
カフェスタッフは、トリマー、獣医師、トレーナー
などのペットのプロが担当しています。

大阪には6店舗あります
殺処分0を目指して
活動の範囲は広がりつつあるようです

 

ヤスコさんは、スタッフのブログを通して
保護犬たちの様子を見ているのですが、
毎日毎日たくさんの子たちが保護されて来ます。
今日は、コッカー2歳・ダックス5歳・パピヨン5歳
柴犬4ヶ月・ジャックラッセル5ヶ月と6ヶ月
チワワ7ヶ月・パピヨン7ヶ月
ポメラニアン5ヶ月と6ヶ月・ミックス6ヶ月
こんなにたくさんの子達が保護されて来ました。
子犬は、病気を持っていたりその疑いがあるという
子たちで、お店では売り物にならないからでしょうか?

行き場の無い空しさと憤りを感じます(--+)

でも、たとえ病気を抱えていても理解の上、
里親になられる方もたくさんおられますが、
どうしても小さい子から引き取られていきます。
カフェに残っていくのは、シニア層なのです・・・

マリちゃんは、我が家に来て今日で2ヶ月です☆
「お家に来て良かったね~」
と話しかけるのですが、
多くの子には、余生を安心して過ごせる家族が
いないのです!
カフェのスタッフに優しく世話を受けていたとしても、
やはり家族にはなれないのです(;;)

どうしたら悲しく寂しい子達を無くせるのでしょうか?
どうか皆さん、
ペットショップで買う前に
保護犬たちを見に行ってあげて下さい
そして、
家族に迎えてあげて下さい

 

今日も元気なマリちゃんです♪

本日もありがとうございました(^-^)/

ブログランキングに参加しています、クリックして頂けますと嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2 件のコメント

  • 初めまして。他人事とは思えなくて、我が家もキャバリアの2代目の保護犬と暮らしています。初代は、ブリーダーからの里子の女の子でした。悔やんでも悔やみきれない1年7ヶ月でした。もっともっとできることが、沢山有ったのに。声を出したのも、10回もないくらい、
    辛い時は震えていました。漸く心を開いてくれた時、虹の橋を渡ってしまいました。
    そんな気持ちを整理したくてブログを始めた初心者です。 ヤスコさんも もっともっと発信してください。
    私も 、キャバリアレスキュー隊の情報発信していきます。

    • こんにちは。お話しするのは始めてですが、何度か愛しのSaraさんのブログ拝読させていただいています^^。可愛いキャバちゃんの写真がアップされていると気になって・・・
      以前飼っていたキャバリアが亡くなって気力を無くしていた私に、何か出来ることはないだろうか?そんな時出会ったのが保護犬でした。1頭引き取ることによって2頭の小さな命が救われるということを知りました。微力ですが出来る事をし続けていきたいと思っています。悔やまないで!前を向いて行きましょう~♪
      ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。