新型コロナウイルス ワクチンを待たずに私たちが出来る事。

近づく大型台風が大変気がかりですが・・・

今日はコロナについて
9月号人間医学に興味深いことが書かれていたので
ご紹介します。

感染者の数はようやく落ち着いてきた
そのように思われます
後はワクチン待ちですが・・・
「ワクチンというのは最悪の場合、病原体にも
抗体をつくるけれども、我々の体に対しても
抗体を作ってしまうことがあるのです。
もし、ワクチンによって神経細胞に対する
抗体ができたら、我々はアルツハイマーに
なってしまう。あるいは脳炎を
起こしてしまうわけです」
(大阪大学大学院 宮坂昌之特任教授)
世界中で開発競争真っ只中ですが、
慎重に進めてもらいたいですね!

では、ワクチンを待たずに
私たちの出来ることはないのでしょうか?

3つの事が取り上げられていました

①日光に当たって運動する
②ビタミンDの摂取
③脂肪の多い食品を避ける

まず①について
ウイルスの侵入口である口や鼻や気道や目に
「I&A(免疫グロブリンA)抗体」が
たくさんあれば免疫が高い状態といえる。
継続して運動を行なうと、I&A抗体の
分泌速度がアップするのである。
I&A抗体に関しては、唾液中にI&A抗体が
たくさん出れば、たとえウイルスが侵入してきても
その感染力を失わせる働きが期待できる。
ウイルスは紫外線で不活化することから、
日光に当たって運動することは
感染予防につながる。

そして、
太陽光は強力な抗感染物質を与えてくれる
すなわち
②の「ビタミンD」につながるのです(^^)/
インフルエンザの発症がビタミンD摂取量を
増やすことによって劇的に減るという
研究結果が出ているらしいのです!!

最後に③には驚きましたΣ(゚Д゚)
英国で「COVID19」に感染した人の78%は
過体重あるいは肥満であり、COVID19の
感染が原因で亡くなった人のの62%が
過体重・肥満であったという。
しかも、肥満で重度であるほど、COVID19は
重症化しやすいことが示されたのである。
肥満があると、体内で炎症が起こりやすくなり、
ウイルスと戦うための免疫力が低下することが
懸念されている。

ということは・・・
安全なワクチンを待ち望む前に
日頃の生活習慣に注意を払って
コロナにかからない体を作っていくことが
大切であることを学ぶことが出来ましたね^^
日々体を良く動かしてバランスよく食べる!
これに尽きるような気がします☆

 

***昨日のマリちゃん***

毎日のように襲ってくるカミナリ(++)
ここにいると上からエアコンの冷気で涼しいし
冷蔵庫からおいしいもん出てくるような気がするし
何より家電の音でカミナリ音かき消される!
今日はここに避難してます(--;

でもやっぱり怖すぎて(;;)。。。

庭師さんに確保されましたが、、、

それでもまだ恐怖はつづく・・・

 

さて、今日もカミナリ来るかな?

そんなことより
台風10号じわじわやって来て怖すぎます!
大きな被害がありませんように(--)/

ブログランキングに参加しています、クリックして頂けますと嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。