新元号が決まりましたね!

新元号が決まりましたね!

「令和」

いいですねぇ~
日本的で厳かな感じでもあり・・・

出典は「万葉集」
巻五に収録された梅花の歌の「序」
8世紀の歌人、大伴旅人が正月に仲間を招いて
歌会をする前置きとした文章の一部

「梅をめでながら旅人が宴を楽しんでいる
心情を詠んだもの」

初春の令月にして、気淑く風和らぎ、
梅は鏡前の粉を披き、蘭ははいごの
香を薫らす

「令」には、素晴らしい、よい という意味があり
この漢字の構造は、ひざまずいている人に申しつけている
という形で、漢文調にすると「和たらしむ」
とも読める。

平和の願いがこもった穏やかな元号ですね~

ちなみに、梅は中国を代表する花として知られており、
「これまで中国の古典から引用してきたつながりや
関係にも考慮したのではないか」
と書かれていました。(日本経済新聞)

なるほど~
桜に関係する言葉では?とも考えられていたようで
この発言に少し納得!

 

素敵な元号だと思いますよ
皆さんはいかがでしょうか?
令和が良い年になりますように~(^-^)/

ブログランキングに参加しています、クリックして頂けますと嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。