半身浴は老化を抑えて脳を元気にするよ~☆

今日は雨降りだというので、
小鳥ちゃんのごはん、少なめにしました
濡れてしまうといやですからねぇ~
でも、まだそんなに降って来てません・・・
きょうはすくないぞ!
ってブーイングが聞こえてきそうです(^^)/

メジロちゃん、エサ台のある椿の木と
金木犀の木を行ったり来たり♪

 

*****

さて、半身浴の話をします☆

「今日は疲れたからお風呂はやめにしよう」
「寒い冬は、熱いお湯で暖まるのが一番!」
これ、両方共よろしくないようです。

(++)/

38~40℃のお湯にゆっくり浸かり
体を芯から温めると、細胞内で
”熱ショックタンパク質”が生成されるそうです。

熱ショックタンパク質は、老化を抑えたり
疲労の回復を早めるのに役立ちます。また、
免疫力や脳の働きにも深く関与しています。

細胞の熱ショックタンパク質というのは、
加齢とともに産生能力が低下していきます。
老化の進行や認知機能の低下を防ぐには、
半身浴で熱ショックタンパク質を誘導する
ことが大切です。
また、脳内では快楽物質(エンドルフィン)
が誘導されるので、精神的な疲労からも
解放されます♪

 ~人間医学 3月号~

 

お風呂に入る目的は、
体を清潔にし、血行を良くするくらいにしか
思っていなかったので、とても勉強になりました☆
白馬に住んでいる83歳のお婆ちゃんが元気なのは、
毎日欠かさず温泉に入っているからなんですね!

我が家は、誰かさんが超寒がりなので、
設定が42℃のお湯なのです・・・
それに加えて、
ヤスコさん、せっかちなのでものの5分位で
いつも上がってきます(--;)。。。

少しずつ取り入れていけたら、と思っています
皆さんも参考にしてみて下さい♪

本日もありがとうございました(^-^)/

ブログランキングに参加しています、クリックして頂けますと嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。