大山崎山荘

初夏の陽気です♪
お出かけには最適の季節になりましたね。

ヤスコさんは、インドア派なので
引き続き昨日の漱石の話の続きを書きます~

 

大山崎山荘に招待された漱石は、初対面の加賀正太郎から
建設中の別荘の名前を依頼され、なんと二週間後には
14点もの名前の候補を考えて書き送りました。
「もし気に入ったらどれか御取り下さい 気に入らなければ
遠慮は入りませんから落第になさい」
漢学文献を丹念に調べ、すぐに返事を送った漱石の誠実さが表れています。

 

結論として、加賀は漱石考案の名前を採用しませんでした。
しかし、加賀はその手紙を非常に大切に保管し続けました。
そして選んだ名も、『山荘』という名前で
ほかのあらゆる可能性を取り除いた、潔い命名でした。

なんで、漱石が一生懸命考えた名前 選ばんかったんや!!
漱石先生に悪いやんか!!!と思いましたが・・・
そこにはいろんな思いがあったのでしょう。
なるほど~と、良い状態で保管された手紙を見て感じました☆

(「生誕150周年記念 漱石と京都」より)

***山荘と庭園***

奥に見える白く高い建物が「栖霞楼(せいかろう)」
加賀正太郎が山荘建設の指揮を取るため、最初に建てられました。
その手前に、安藤忠雄氏による「夢の箱」という建物があります。

もう一つの安藤氏設計による「地中の宝石箱」には
クロード・モネの睡蓮などの作品が展示されていました。

周辺には、広大な庭園が広がっています

JR山崎駅の踏切に群生していたスミレ☆と駅前の様子

以上、アサヒビール大山崎山荘美術館と庭園めぐりでした~

ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています、クリックして頂けますと嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。