滑舌の話~口をポカンと開けている人要注意!

滑舌がいい、滑舌が悪い
よく言われる話題である

一般に高齢になると滑舌が悪くなる
それは、老化現象の一つか?

でも、高齢でもはっきりしゃっきり
している人もいるし、
若くても、何言ってるのか分からない人もいる。

口をポカンと開けて低位舌になっている
そういう人がたくさんいるという。

「舌が下がった状態の低位舌の人、
つまり舌を上顎にしっかりつけられない人は、
舌を完璧にコントロールすることが出来ず、
自由に動かせなくなるので、
滑舌が悪くなるので、問題だ」

「舌というのは本来、口を閉じている時は
先端は上の歯の裏あたりにつき、そのまま
喉のすぐ近くまで全体がベタッと上顎についている
のが正しい状態」
らしい!

ホー! みなさん、そうなっていますか?

「舌の筋力がない人は、
口を閉じた時でも舌の先端は下の歯につき、
その後ろは下顎に下がってきている状態になる。
これが低位舌だ。これを放置していると
表情筋、口唇筋が弱くなり、その結果、
滑舌も悪くぼんやりした声になってしまう。」

えらいこっちゃ!!

でも、ご安心ください!
高齢になっても努力次第で改善できるそうです^^

舌の後ろまでしっかり上顎に持ち上げる筋力
それがつくと、口と舌をきゅっと縮ませ
呼気を勢いよく口の外に出して、
ハキハキしたよく通る声になるそうですよ!!

おまけに、
口周りにも筋力がついて、キリッとした
いいお顔になるということですよ(^^)/
(人間医学 8月号より)

気になる方は是非舌の力を鍛えましょう~

 

***久しぶりのフロレスタドーナツ☆***

お姉さんが買って来てくれました♪
かわいいでしょ~

マリちゃん、その敷居ひんやりしてるでしょ~
あずきがよくそうしてましたよ^^

なかなか見せない、いいお顔^^

 

暑さは徐々にましになって来ましたが、
それでもしんどいですね!
今日一日をしっかり乗り切りましょう~
(^-^)/

ブログランキングに参加しています、クリックして頂けますと嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。