西日本豪雨 ペットは家族、一緒に! 同伴避難所広がる

気になる記事を見つけました

 

災害時の避難所ではペットの避難生活も課題です

「西日本豪雨の被災地では、
ペット同伴者の避難所や非難スペースを設ける
動きが広がりつつあるようです
浸水被害がひどかった岡山県倉敷市真備町地区の
避難所の一つ、市立二万(にま)小学校では、
校舎2階の5年生の教室をペット同伴者専用に。
床が汚れないようにブルーシートを敷き、
エアコンや扇風機も完備し、暑さに弱い
ペットにも優しい環境を設けています。

1歳のキャバリアと避難してきた方は、
今月7日に避難してきたときには「ペットはダメ」
と言われ、冷房のない渡り廊下や屋外で寝起き
していたそうです。それを見かねた獣医師らが
避難所に掛け合い、15日から教室を使えるように
なったという経緯があります。

同市は21日から、真備町地区に隣接する市立
穂井田小に、ペット同伴者専用の避難所を開設。
体育館には養生シートを張り、ケージや
ペットフードも備え、9世帯22人、犬10匹が
生活しているということです。

環境省
「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」
を各自治体に配布しているようですが、
その中には、
飼い主とペットが一緒に避難することを基本とする
一方、動物が苦手な避難者に気配りし、
避難所では一緒にならないよう配慮すべき 
定めています。
鳴き声や臭いによるトラブルの防止
平時からの予防接種や寄生虫駆除による衛生管理
獣医師による巡回診療
などの必要性も示されているようです。

 

家族としてペットと生活している者にとっては、
このような動きは大変ありがたいです☆
こうした取り組みが広がり、
定着していく事を願っています(^^)/

 

今日も一段と暑い一日です
大丈夫と過信しないで
エアコンの効いた部屋に避難しましょう~

エアコンと冷蔵庫が大好きなマリちゃん^^

みんな元気に乗り切れますように(^-^)/

ブログランキングに参加しています、クリックして頂けますと嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。